エンジェルへの導きについて

エンジェルへの導きについて

エンジェルが次に示す1つないしいくつかの動機によって動かされていることは明らかになったが、3つの動機により導かれるようだ。

 

@金銭的報酬

エンジェルは高い報酬を期待して投資する。大まかな指針として、エンジェルは彼らの資金を5年で5倍にすることを望んでいるが、実際にはほんのわずかな人しかこの目標を実現できていない。

 

金銭的基準が明確に記載されていることは稀であり、しかし、大きな成長の可能性を持つニッチな市場に関与するような投資家の場合、その意思決定において金銭的な基準は絶対的だろう。

 

一般的にエンジェルは、ベンチャー・キャピタリストやその他の専門の投資家に比べて、起業家が提示する財政的見通しをあまり重要視していない。その代わり、彼らは直感で、ある特定の起業家が投資に値するかどうかを決定している。しかしもちろん、少数派ではあるが、より専門的な姿勢を持つ相当数のエンジェルがいる。彼らは明確な年間リターン目標を念頭に置いており、通常、これらの目標は25〜50%の間である。

 

A起業の過程で役割を果たすこと

エンジェルは、起業の過程に関与し、役割を果たすことを楽しんでいる。このような投資家の大部分は40〜50代であり、すでに自らのキャリアや事業に成功しているため、新しい事業を育てる感動と挑戦をもう一度トライしてみようと時間と金を費やすのである。

 

B利他主義

エンジェルたちは、仕事を創出し、経済的繁栄を展開し、社会的活力を届ける。そして、後からの者へ、刺激と提案を行うことを望んでいる。と、かように述べることは可能である。