キャッシング・カードローンを真剣に考えるサイト

2014/06/06 23:07:06 |

ローンやキャッシングのお話から少し逸れて、クレジットカードのことについて考えてみることにしましょう。

 

クレジットカードは、お金を持たなくても商品を買えるカードのことを言いますね。「各個人の信頼によって、売買を保証し、金銭的な支払いは後日でいいですよ」というシステムのことです。

 

結論から言ってしまえば、まぁ、このクレジットカードも借金の1つです。掛け買いするということ自体が、広義で言えば借金に当たってしまうのでしょう。ですので、使わなくて済むのであれば、使わないに越したことはありません。

 

しかし、年会費もゴールドカードともなると、1万円以上からと高額になってしまいます。
ただ、みなさんに伝えておきたいことは、持っていれば何が起きても対応ができるということです。

 

東日本大震災は記憶に新しいですが、そういった不測の事態が起こっても、例えばホテルに泊まれたりできるのが、クレジットカードです。海外旅行へ行っても現金決済をしなくて済むのも利点の1つです。

 

さて、お勧めのクレジットカードはどこの会社のカードでしょうか。会社様によっては、旅行時に保険を自動付与してくれたり、ポイント還元サービスが充実している会社様もあるようです。

 

私は、大学を卒業しましたので、三井住友カード様の、大学提携クレジットカードを活用していますが、やはり買った分は返さなくてはならないというのも事実“言える”ということなのでしょう。

2014/06/06 23:07:06 |

住宅を建てる時には、住宅金融公庫などで、ローンを借りることが多くなってくるのだと思います。住宅ローンは、高価な住宅を購入するための手元資金を確保するためでもあり、“家”という資産を後世に残していくための手段とも考えられています。

 

住宅は、家を建てることは、男のロマンだと言われます。男は、なにかを常に求めていますが、そのふとした寂しさの中に、小さな、いや、とてつもなく大きな愛を抱いているものです。このことはどんな男性にも言えることです。ただ、男性のことなので、表現が稚拙だったり、世に言う「面倒くせぇ」といったような性格からなかなかレディ陣に伝わりにくいということは、まぁあるようですが…。

 

みな生きていかなくてはいけません。かといって、みな人は人を蹴落とさなくては、また生きていかれません。人が人を助けてくれることは当然ありますが、やはり個人的に感じるのは、家族がその根底に発祥するものだと思っています。

 

これから真夏を迎えることになります。夏といえば夏祭りです。かつて百姓であった祖父は、夏の花火や太鼓の音色をことなく愛していたような思い出を今も思い出します。人は人なしでは生きていくことはできません。

 

住宅ローンも同じことではないでしょうか。当然お金ですから、円環しているでしょう。しかし、誰か一人だけのものではないはずです。みなの住宅ローンであり、夢であり、また、そこへ出発をかけて投資する人もいるのではないでしょうか。

2014/06/06 23:06:06 |

どうしても生活するのに困ってしまった場合などは、銀行のフリーローンを借りると便利です。金利が高くついてしまいますが、自由度が高く、返済額も小額から始めることができます。

 

専業主婦でも借りれるカードローンだってあるのです。

 

しかし、実際に返していくとなると、ものすごく大変なもので、私自身も経験があるのですが、一度借りてしまうと、もはや自分の力だけで返済していくのはものすごく困難なのです。

 

なぜならその理由として考えられるのが、お金を借りる人は、もうその瞬間すら、お金に困っている人のため、いったん大量の額が入ったとしても、それを返していく期間を後延ばししているだけで、結局は借金をしているわけですから、その負担は大変なものでした。

 

私も記憶に新しいのですが、どこを歩いていても返済のことばかり頭によぎってしまい、誰かに助けを求めようにも、誰も応じてくれない。結局は、借りてしまった自分も悪いのですが、しかし、いい経験になったと今では感じています。

 

別にこれといって怪しい金融機関でもなく、消費者金融でもなく、まぁいかがわしい世界の話というか、少し暗い話がメインになるのが多くなってしまいがりですが、実際の完済とはこういう状況であるということも記載しておく必要があると感じ、原稿を書いています。

 

自分はこれからどう生きていけばいいのか。人は常に迷っています。生きるためにはお金が必要です。お金は働かなくては手に入りません。しかし、働く場、「働ける場」が少なくなっているのも事実なのかもしれません。

2014/06/06 23:04:06 |

通常、幣原モラトリアムとして戦後あったことは知られていることだが、現況において環状状態の金融を停止することも、もはや不可能となりつつある。社会は回転し、経済は快況で、人々が満足する。

 

この状況をつくるためには、自分ひとりだけの力では足りないというのはもはや当たり前だ。人々の脳は回転し、人類は発展も遂げていかなくてはならないだろう。もはや当たり前の時代であり、人は、社会は、人として成り立つ。そして、これからの時へと向かっていくのだろう。私たちは継ぎ手である。

 

創出せねば確かにいけないのかもしれない。しかし、創出はすでに行われてしまっている、というか、創出に燃えた世代も確かにあったはずだ。

 

夢を見ることは大切だ。けれども、それなら夢なら見続けた方がいいではないか。

 

人を育てることが急務だ。相手の立場になった行動やその人をどれだけ見抜けるかにもその人の格が見え隠れする。嫌われてしまうのでは、という不安なのだろうか。

 

私たちは継ぎ手である。継ぎ手は、重い物や先代からのお預かり物をいかにして次代へ残し、社会的な意義・動機付けへとつなげていくのか、地球は回転し、人類は宇宙で滞在することすらできるようになっている。

 

であるから、当然、おカネも回っている。誰かが1円をスーパーへ忘れてしまったとしても、次に訪れた客がその1円を手に入れる。天下はカネで回るもの。しかし、おカネで買えないものはなんだろうか?

 

人と人である。気持ち、心のつながり、礼、偽り、色々な要素でおカネも色々な方向へと流れていく。今、それはこの瞬間もなのだろう。それをどう受け取るかの問題ではありそうだ。

2014/06/06 23:03:06 |

エンジェルには4つのタイプがあるとされている。

 

@起業家エンジェル

このタイプのエンジェルは時に平均的なエンジェルよりも多額の資本を投入し、大きなリスクを背負う準備ができている。大部分が順調な事業を経営しているか、もしくは事業に成功した経験がある。彼らの投資は、大きな資金になることもあるが、一般的にはそれよりははるかに少ない額である。このようなエンジェルは、1つの投資に過度に依存することを避けるために分散投資している場合も多い。大部分の起業家エンジェルは普段は日々の事業経営に干渉することは少ない。

 

Aライフスタイル・エンジェル

このタイプのエンジェルは投資を趣味とみなしている。一般的に、彼らは事業の経営に関与せず、起業家への助言もせずに、消極的な役割しか果たしていない。彼らの投資は低額なものではあるが、高額になる場合もある。

 

B専門知識を持つエンジェル

このタイプのエンジェルは医学、法律、会計などの専門知識を必要とする仕事に関係している。そして、彼らの専門知識と経験に適した起業に投資することを好む。起業の過程に過度に積極的に関わることはないだろうが、能力と知識は共有されるだろう。

 

C利他的エンジェル

このタイプのエンジェルは金銭的な利益と、善良なことをしたいという欲求の両方によって動機付けられている。コミュニティ・ディベロップメント・ベンチャー・キャピタル・アライアンスは、ニューヨークを拠点とする非営利組織であるが、このような投資家と資本を探している起業家を引き合わせることに取り組んでいる。

2014/06/06 23:02:06 |

エンジェルが次に示す1つないしいくつかの動機によって動かされていることは明らかになったが、3つの動機により導かれるようだ。

 

@金銭的報酬

エンジェルは高い報酬を期待して投資する。大まかな指針として、エンジェルは彼らの資金を5年で5倍にすることを望んでいるが、実際にはほんのわずかな人しかこの目標を実現できていない。

 

金銭的基準が明確に記載されていることは稀であり、しかし、大きな成長の可能性を持つニッチな市場に関与するような投資家の場合、その意思決定において金銭的な基準は絶対的だろう。

 

一般的にエンジェルは、ベンチャー・キャピタリストやその他の専門の投資家に比べて、起業家が提示する財政的見通しをあまり重要視していない。その代わり、彼らは直感で、ある特定の起業家が投資に値するかどうかを決定している。しかしもちろん、少数派ではあるが、より専門的な姿勢を持つ相当数のエンジェルがいる。彼らは明確な年間リターン目標を念頭に置いており、通常、これらの目標は25〜50%の間である。

 

A起業の過程で役割を果たすこと

エンジェルは、起業の過程に関与し、役割を果たすことを楽しんでいる。このような投資家の大部分は40〜50代であり、すでに自らのキャリアや事業に成功しているため、新しい事業を育てる感動と挑戦をもう一度トライしてみようと時間と金を費やすのである。

 

B利他主義

エンジェルたちは、仕事を創出し、経済的繁栄を展開し、社会的活力を届ける。そして、後からの者へ、刺激と提案を行うことを望んでいる。と、かように述べることは可能である。

2014/06/06 23:00:06 |

エンジェルの性質そのものを考えると、その社会的参加には何の制約もない。しかし、一部のオブザーバーによるエンジェルの定義というべきものがあるようだ。ジェラルド・A・ベンジャミンとジョエル・マーグリスは、エンジェルを「彼らが尊敬した関係を持ちたいと願う企業家によって提示された、リスクの高い取引に、進んで投資する裕福な個人」と説明している。

 

他には、「ベンチャー・キャピタルのような第三者機関の介入なしに、企業に自己資本を提供する人々」、「仲介入を通すことなく、直接投資する人々」などの定義もある。

 

十分な個人資産とリスクの高いベンチャー企業に投資する意欲を持っている限り、ほぼ誰でもエンジェルになることができ、しかし多くのエンジェルたちにとって、これは金だけの問題ではない。金はエンジェルにとって常に重要ではあるが、金以外の報酬を投資から得ることも期待している。

 

エンジェルたちは、大まかに言うと、消極的か積極的かの二種類に分かれると語られている。消極的なエンジェルは投資している事業の経営に関わらないのに対して、積極的なエンジェルは顧問として働き、場合によっては重要な業務の意思決定に関わるようになるようだ。

 

エンジェルというくらいだから、市場の天使なわけだが、否応なしに市場に介在し、社会的な景気等を後押しする人と、その中核となる絵を描く者と、また社会的リーダーシップを発揮する人と様々なタイプに分かれることもあるようなのです。

2014/06/06 22:58:06 |

私たちは、個々の事業にとって、もっとも有望な資本の調達源は、その発展段階によって決まるということを知っています。多くの事業にとって、資本調達は連続性を持ち、個人の貯蓄とブート・ストラッピングに加えて、さらに企業家に近い人々、すなわち友人や縁故者から資本を調達することから始まるのが多いとされているようではあります。

 

この鎖の中の次の資本提供者であるエンジェル(ビジネス・エンジェル=エンジェル投資家)と呼ばれる投資家は、ブート・ストラッピングと友人そして縁故者から資本を得る段階を過ぎてはいますが、ベンチャー・キャピタリストから資本を得るには準備が足りず、その規模においても彼らの投資対象とはならない事業にエクイティ・ファイナンスを提供する人々と言えるようです。

 

エンジェルは他の投資家に比べて、成長している事業にとって初めての、真の外部からの資本提供者になる可能性が高いです。エンジェルは家族や友人からの資本提供と、ベンチャー・キャピタルからの資本提供の間の橋渡し役です。

 

家族や友人からの投資は少なく、程度の小さい額に限定される傾向があり、一方、ベンチャー・キャピタルからの投資は一般的に規模が大きく、時にそれ以上の金額を投資することさえあります。正確な数字を入手するのは困難と言えるでしょう。

 

エンジェルによる投資はかなり前から存在しており、しかし、一説においては1990年代以降から急増したとはされているようなのです。具体的な定義が為されていなかったというか、ある種、アダム・スミスの提唱した神の見えざる手を使いこなせる人々ということが可能です。